• ホーム
  • まつ毛美容液とまつ毛育毛剤、ちゃんと違いを理解してる?

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤、ちゃんと違いを理解してる?

2020年06月18日

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤は、しばしば混合して使用されることがある用語ですが、実は両者は異なった意味を持っています。
日本で市販されている化粧品のほとんどはまつ毛美容液にあたり、日本では正式に認められたまつ毛育毛剤は未だ販売されていません。中にはまつ毛育毛剤と表記している商品も販売されてはいますが、正確な分類上はまつ毛美容液として分類されるものが多いです。市販品を購入する際にはこの点に気を付けなければなりません。

まつ毛美容液による主な効果は、まつ毛を増やすことや、まつ毛のケアなどです。具体的にはまつ毛の成長しやすい環境を整えるために、複数の成分が配合されていることが多く、また、保湿成分も豊富に含まれています。何も使用しない場合に比べると、やはりまつ毛美容液を使用する方がまつ毛のケアに効果的ですし、まつ毛を増やす効果も期待できます。しかし、化粧品には医薬品と比べると効果が劣る点がありますので、より高い効果を得たいと考えている人には医薬品の使用の検討をお勧めします。

まつ毛育毛剤の医薬品として販売されている商品は、残念ながら日本ではまだ一般に売られていませんが、最近では病院で処方してもらうことで手に入れることが可能です。
比較的日本で取り扱い始めたのは最近であるので、病院を受診する際にはまずまつ毛育毛剤の取り扱いがあるかどうか電話で問い合わせをして確認すると良いでしょう。美容に力を入れている皮膚科や眼科においては取り扱いをしている病院が多いようです。

病院を受診する際には、まつ毛の状態を診察してもらい、まつ毛の量や長さが気になっていることを伝えましょう。そして、まつ毛育毛剤を処方してもらう際には使用方法をしっかりと説明してもらうようにすることが大事です。この医薬品の作用としては、まつ毛の毛根を包み込んでいる毛包の部分に作用し、毛周期の中でも成長初期や成長期のまつ毛が伸びる期間を延長させることで、まつ毛が長い期間に渡り成長するようになります。それによって、まつ毛がより太く、長く成長することができます。
まつ毛美容液と同様に保湿成分や環境を整える成分も含んでいるため、まつ毛美容液を併用する必要はありません。

毛周期は一般的に数カ月と言われているので、すぐに効果を実感することは難しいですが、何か月か継続してこのまつ毛育毛剤を使用することで、まつ毛全体のボリュームアップの効果を実感できるでしょう。ただし、この効果は永久的なものではないため、使用をやめてしまうと元のまつ毛の状態に戻ってしまいます。常にまつ毛のボリュームアップを保持したい方は、継続的な使用が必要です。

効果の高いまつ毛の育毛剤ですが、その分まつ毛美容液には無いような副作用もあるので注意しましょう。例えば、メラニンが増加することによってまぶたが黒ずんでしまったり、まぶたや目にあやまって育毛剤が入ることにより痒み、痛みを引き起こしたりすることがあります。このような副作用の症状に気が付いた場合には、医師に相談して適切に対処してもらうようにしましょう。
また、まつ毛育毛剤は現在のところ妊娠中の患者には使用することができません。そのため、妊娠している方やその可能性があるという人は医師に必ず伝えるようにしましょう。

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤は、似ているもののそれぞれ異なる特徴を持っていることがわかりましたでしょうか。どちらもまつ毛のケアに効果的なアイテムなので、違いをしっかりと理解して、適切な使用方法を守ることで、まつげが成長しやすい環境を整えるように心がけましょう。また、医薬品を使用する際には副作用に注意するようにしましょう。