• ホーム
  • ニキビができてしまったら使うべき化粧品はどれ?

ニキビができてしまったら使うべき化粧品はどれ?

2019年11月25日
顔にクリームを塗る女性

大事な予定がある日に限って、ニキビができてしまい、困ってしまうという経験は多くの人が持っていることでしょう。ニキビができてしまった場合、今までと同じスキンケア方法を使っていると、ますます悪化させてしまう原因にもなってしまいますので、早めに何らかの対処をする必要があります。

まず見直すべきなのは、普段使用している化粧水、美容液などの基礎化粧品です。洗顔後の肌に最初につける化粧水は肌に大きな影響を及ぼすので、できる限り負担の少ない製品を用いるべきです。そこで、特におすすめなのは、ライスフォースから販売されているライスフォース アクポレスニキビケアと、オルビスから販売されているオルビス クリアシリーズです。

ライスフォース アクポレスニキビケアは、ニキビの根本原因にアプローチするスキンケアラインです。角質ケア、皮脂ケア、保湿ケアを介してニキビを適切にケアするだけでなく、乾燥対策にも効果を発揮します。このライスフォース アクポレスニキビケアは、多くの女性誌でも次々と特集が組まれており、様々な部門のランキングで栄えある1位を受賞しています。

続いて、オルビス クリアシリーズですが、オルビスは幅広いスキンケアラインを販売しているため、何かしらの商品を使用したことがある方は多いはずです。数多くのラインのなかで、オルビス クリアシリーズはニキビケアに特化した成分を配合している効果的な化粧品です。誰もが生まれつき持っている肌のバリア機能を高めることで、ニキビや肌荒れのできにくい強い肌へと導きます。もちろん無香料、無着色、アレルギーテスト済み、ノンコメドジェニックテスト済みですし、医薬部外品として認定されています。

これらのライスフォース アクポレスニキビケア及びオルビス クリアシリーズを用いることで、まずはニキビを作らないスキンケアを心がけることが大事です。いずれの商品についても初めて使用する人に向けたスターターキットやサンプルセットが用意されているので、まずは両方を試してみてからより自分の肌に合う商品を使用するようにするのもよいでしょう。基礎化粧品を見直すことにより、肌に負担をかけないスキンケアを実践すべきです。

ただし、どれほどスキンケアに気を遣っている人でも時にはニキビはできてしまいますので、そのようなときにはニキビを隠す化粧品も上手く活用するようにしましょう。具体的には、特にベースメイクをする際に注意深く患部をケアすることが大事です。例えば、赤色に膿んでしまったニキビには、黄色いコントロールカラーを使用することで赤みを抑えることができます。色はあまりついていなくても凸凹ができてしまった場合には、肌表面を均一に整えるコンシーラーなどを活用すると凸凹を隠すと共に患部を目立ちにくくすることができます。このように、コントロールカラーやコンシーラーを自分の症状に対して使い分けることで、メイクの仕上がりを向上させましょう。

上述のようなアイテムを用いてベースメイクで上手く隠すことはできますが、毎日のメイクで気を付けるのは面倒と感じる人も多いでしょう。そこで、体の内側からケアすることで、ニキビができにくい体質を作ることも重要です。具体的には、例えばチョコラBBプラスは非常に効果の高いサプリメントとして有名です。チョコラBBプラスは、ニキビだけでなく、肌荒れ、口内炎、疲れなどにも効果を持つ一般用医薬品で、ビタミンBを配合しています。食事だけでは摂取量がなかなか達成できないようなビタミンについては、このようなサプリメントを上手に活用して補うことも効果的です。
これらの化粧品やメイクアイテム、サプリメントの中から自分に合うものを見つけて使用するように心がけましょう。